金融用語集-は行(金融用語)

ファクタリング(ふぁくたりんぐ)

企業が保有している取引先(売掛先)への売掛金をファクタリング会社が買取ることにより、まだ入ってきていない売上を先に資金化することができるサービス。
ファクタリング会社へは取引先(売掛先)から売掛金の入金後のお支払いになります。
銀行の融資履歴に残らないため、決算書や信用情報には何の問題も残りません。また、融資ではないため負債にもなりません。
つなぎ資金不足や銀行融資を断られた等の理由で資金繰りでお悩みの事業主・経営者のための資金調達方法です。

→ファクタリングの10秒カンタン無料診断はコチラ

法定利率(ほうていりりつ)

法定利率(ほうていりりつ)とは、契約当事者同士が、利率を決めなかった時に、適用される利率をさします。契約当事者の一方または双方が商人の場合は、年6%の商事法定利率が発生します(商法514条)。契約当事者の両人が非商人であり、利息徴収を決めたが、その金利水準までは決めなかった場合はその貸借に伴う債権には、年5%の民事法定利率が発生します(民法404条)。なお、「法定利率」の概念には一般に利息制限法、出資法などの法律で定めた上限金利のことは、含まれません。これらは、「法定上限金利」と表現されることが多いようです。

変動金利算出(へんどうきんりさんしゅつ)

変動金利算出(へんどうきんりさんしゅつ)とは、金利機関の貸出金利が金融情勢に応じて期間中に変動するものをさします。近年は金利リスクの増大から、企業向け貸出も住宅ローン等の長期消費者向けローンも変動金利が主体となっています。

保証人(ほしょうにん)

借入金が約束どおり返済されなかった等、債務者が債務の履行をしない場合に、その債務を主たる債務者に代わって履行する義務を負う人を保証人と言います。銀行等の債権者は債務者が債務の履行をしない時は保証人に対して、債務者に対するものと同一内容の履行を求めることができるので、人的担保と言えます。このように大きな義務を負うことになりますので、保証人になる場合には十分な注意が必要です。特に連帯保証人の場合は、自分が契約したのと同等の義務を負います。

このページのTOPへ