金融用語集-か行(金融用語)

グレーゾーン金利(灰色金利)

グレーゾーン金利(灰色金利)とは、利息制限法に定める上限金利(以下参照)は超えるものの、出資法に定める上限金利(29.2%)には満たないという曖昧な金利のことをさします。利息制限法によると、利息の契約は、同法で定められた利率を超える超過部分は無効とされているが、一定条件を満たせば有効となるため、消費者金融業者の中には、この金利帯での金銭の貸し出しを行ってる業者も多数あります。

尚、2010年年6月18日以降、出資法の上限金利が20%に引き下げられ、グレーゾーン金利が撤廃されました。これによって、上限金利は利息制限法の水準(貸付額に応じ15%~20%)となりました。

改正貸金業法とは?

【 出資法 】
上限金利29.2% ※現在は20%

【 利息制限法 】
元本10万円未満 : 20.0%
10万円以上100万円未満 :18.0%
100万円以上 : 15.0%

コーチ屋(coach sales)

コーチ屋(coach sales)とは、返済に苦しむ消費者に対し、甘い誘いで融資すると偽って詐欺を働く悪質業者をさします。カードで換金性の高い商品を購入させ転売し、代金の大半を手数料としてとります。

クレジットヒストリー(credit history)

クレジットヒストリー(credit history)とは、過去のクレジット利用歴(返済実績)をさします。与信判断は主に定量分析の返済能力(ability to pay)と定性分析の返済意思(intent to pay)を基準にして決定されます。クレジットヒストリーはこのうち定性分析の最重要項目です。

クレジットスコアリング(credit scoring)

クレジットスコアリング(credit scoring)とは、クレジットカードやローンなどの申込者が与信に値するかどうかを決める方法をさします。口座が適切に運用できるかどうかの可能性を予測する統計モデルに基づいて行われています。

金利収入(きんりしゅうにゅう)

金利収入(きんりしゅうにゅう)とは、カード・クレジットビジネスでの金利収入はリボルビング残高やキャッシング残高、ローン残高から生まれる金利収入をさします。ストックのビジネスといわれ、残高を増やすことによって収益拡大ができます。

回収代行業者(かいしゅうだいこうぎょうしゃ)

回収代行業者(かいしゅうだいこうぎょうしゃ)とは、債権者に代わって、延滞債権や不良債権を回収する業者をさします。米国では州によってはライセンスを必要とするが数千社の専門会社があり、コレクション・エイジェンシーと呼ばれています。
日本では弁護士法(非弁活動の禁止)に触れる恐れがあるため、法律的には正式に認められていなかったが、平成10年10月12日「債権管理回収業に関する特別処置法(通称サービス法)」が成立し、16日公布されました。なお、顧客の預金口座からの自動引き落としで、集金を行うことを代行する「集金代行業務」は別の業務になります。

キャッシュアウト(きゃっしゅあうと)

キャッシュアウト(きゃっしゅあうと)とは、住宅ローンの借り換え時に追加融資を受けることをさします。住宅の評価額とローン残高との差額から現金を借ります。連邦住宅貸付抵当公社によると、2001年以降借り換えた世帯のうち2世帯に1世帯がキャッシュアウトしています。この現金が個人消費を支えることがあります。

キャッシュカード(きゃっしゅかーど)

キャッシュカード(きゃっしゅかーど)とは、金融機関が、預金者に対して発行するCD(キャッシュディスペンサー),ATM(エーティーエム)用の磁気カードをさします。このカードを用いることで、CD、ATMから通帳や印鑑がなくても預金の出し入れができます。米国では、ATMカードと呼ばれることが多いようです。

元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式とは、あらかじめ決まった支払利息額を含んだ定額を支払う方式。返済当初は利息が多くつくので毎月の返済額が多くなります。

元金定額リボルビング方式

元金定額リボルビング方式とは、あらかじめ決まった定率で算出された支払額と、1ヶ月間の支払利息額の合算が実際の支払額となる返済方式。返済当初は返済額に占める利息の割合が多くなります。

このページのTOPへ