遅延損害金(ちえんそんがいきん)

遅延損害金(ちえんそんがいきん)

債務返済において、返済期日までに返済が行われなかった場合に損害賠償として請求される金銭のことです。消費金銭貸借契約において期日までに返済が行われなかった場合については29.2%を上限として請求されます。ただし、改正貸金業法により、貸金業者の営利的金銭消費貸借に関するものについては、延滞損害金でも上限20.0%と定められています。また、個品割賦などの販売信用の場合の遅延損害金の上限は、年6%と割賦販売法で定められています。

このページのTOPへ