18歳でも即日借りれるカードローン|キャッシングでお金を借りる

18歳でも即日借りれるカードローン

公開日:2022年6月3日 最終更新日:2022年6月3日

2022年4月1日の民法改正により、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。成年に達すると、親の同意を得なくても、自分の意思でローンを組むこともできるようになりましたが、18歳の方はカードローンを利用することはできるのでしょうか?

結論から言うと、18歳の方が利用できるカードローンは大手消費者金融の「アコム」と「プロミス」の2つということになります。

この記事では、18歳の方が利用できるカードローンのメリット・デメリット、カードローンでお金を借りる前の注意点、カードローン以外のお金を借りる方法なども併せて紹介します。

読む時間がないお急ぎの方へ!

学生でも18歳以上(高校生を除く)で安定した収入(バイト代)があればご利用可能!

アコム:最短30分融資が可能な振込によるお借入もご利用可能!金利3.0%~18.0%
プロミス:Webでのお申込みなら来店不要、最短1時間融資も可能!金利4.5%~17.8%

目次

18歳になると、親の同意を得なくてもローンを組むことができるようになりました

2022年4月1日の民法改正により、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。
成年に達すると、親の同意を得なくても、自分の意思で様々な契約ができるようになります。

<18歳以上の成人が親の同意がなくても契約できる例>
・自分名義でスマホを契約する
・一人暮らしの部屋を借りる
・クレジットカードをつくる
・ローンを組む
※契約には審査があり、審査の結果、契約ができない場合もあります。

【参考:政府広報オンライン 18歳から“大人”に!成年年齢引下げで変わること、変わらないこと。

【参考:法務省 民法改正 成年年齢の引下げ(PDF)

カードローンに関しては、金融機関によって成年年齢引下げに伴う対応が異なる

カードローンに関しては、金融機関によって成年年齢引下げに伴う対応が異なります。
銀行のカードローンは、2022年4月1日以降も18歳ではなく20歳からの契約のままとなります。
また、消費者金融のカードローンも多くが20歳からの契約を維持しています。

現在(2022年6月)、18歳(高校生を除く)でも借りれるカードローンは大手消費者金融の「アコム」と「プロミス」の2つです。

18歳(高校生を除く)以上であれば、学生・社会人に関わらず、毎月安定した収入があれば、カードローンのお申込みが可能です。

ポイント!

18歳(高校生を除く)でも借りれるカードローンは「アコム」と「プロミス」の2つ。
安定した収入にはアルバイト代も含みます。
ちなみに、奨学金や親からの仕送りは収入には入らないので注意が必要です。

18歳でも即日借りれるカードローン

18歳の方が利用できるカードローンは大手消費者金融の「アコム」と「プロミス」の2つです。どちらも来店不要で即日融資が可能です。振込キャッシングやカードレス契約も可能です。

アコム

アコムカード券面

かまいたち(濱家隆一、山内健司)、鈴木伸之さんのテレビCMで有名なアコムのカードローンです。はじめての方なら契約日の翌日から30日間金利0円です。

アコムのお申込条件

成人以上(高校生を除く)の安定した収入(アルバイト)と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方であればご契約いただけます。

アコム
アコム 実質年率:3.0%~18.0%
ご融資額:800万円
  • ・はじめての方なら契約日の翌日から30日間金利0円!
  • ・楽天銀行に口座をお持ちなら、24時間最短1分で振込可能!
  • ・アコム公式のスマホアプリがあれば、カード不要でセブン銀行ATMで借入・返済が可能!
  • ・カードの受取方法を「カード不要」と選択することで、カードレスで契約することも可能!
  • ・カードローンとしても利用可能なアコムのクレジットカードもあります。

アコムの自動契約機(むじんくん)にご来店なら9:00~21:00までお申し込み可能!その場でカード発行が可能です。
→最寄りのアコムの店舗・ATMをお探しの方はこちら

プロミス

プロミスカード券面

岡本玲さん、溝端淳平さん、西田尚美さん、田中直樹さんのテレビCMで有名なプロミスのカードローンです。はじめての方なら、初回ご出金の翌日から30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスのお申込条件

年齢18~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
※主婦・学生でもアルバイト・パートなど安定した収入のある場合はお申込いただけます。ただし、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。
アルバイトの場合は、給与をもらう時に渡される給与明細書(直近2か月分)が収入証明書類として利用できます。もし、給与明細書をもらっていない場合は、アルバイト先にお願いして給与明細書を発行してもらいましょう。

プロミス
プロミス 実質年率:4.5%~17.8%
借入限度額:1~500万円
  • ・初回ご利用の翌日から30日間無利息!
     ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • ・最短10秒程度でご指定の口座に振込可能!
  • ・Web完結の場合は郵送物なし、カードレスでWeb取引も可能!
  • ・プロミスアプリがあれば、カード不要でセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMで借入・返済が可能
  • ・三井住友銀行ATMで利用手数料無料
  • ・お買物などに使える「Vポイント」がプロミスアプリの利用や毎月の返済で貯められる

→最寄りのプロミスの店舗・ATMをお探しの方はこちら

アコムとプロミスの比較

アコム プロミス
実質年率 3.0%~18.0% 4.5%~17.8%
借入限度額 800万円 500万円
審査時間 最短30分 最短30分
即日融資 最短30分 最短30分
担保・保証人 不要 不要
返済方式 定率リボルビング方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・返済回数 最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回 最終借入後原則最長6年9か月/1~80回
無利息期間 ご契約日の翌日から30日間 初回ご出金の翌日から30日間
振込キャッシング
WEB完結
カードレス
スマホアプリ あり あり
スマホATM取引※ セブン銀行ATM セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM
主な提携ATM セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM等 セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM等
利用手数料無料のATM アコムのATM プロミスのATM、三井住友銀行ATM
公式HP → アコム
公式HPを見る
→ プロミス
公式HPを見る

※スマホATM取引とは、スマホアプリを利用して、カードがなくてもセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMで現金の借入(出金)・返済(入金)ができるサービスのこと。

アコムとプロミスの無利息期間の違い

アコムの無利息期間は、はじめての方なら契約日の翌日から30日間
プロミスの無利息期間は、初回ご出金の翌日から30日間※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

ポイント!

契約した日に出金した場合は、アコムもプロミスも違いはありませんが、契約後すぐに出金しない場合は、プロミスの方が無利息期間を有効に使うことができます。

アコムとプロミスの無利息期間の違い

アコムとプロミスのメリット・デメリット

アコム プロミス
メリット ・楽天銀行に口座をお持ちなら、24時間最短1分で振込可能
・借入限度額が大きい
・下限金利が低い
・クレジットカードもある
・三井住友銀行ATMの利用手数料無料
・ローソン銀行ATMでもスマホATM取引が可能
・初回ご出金の翌日から無利息
・上限金利が低い
・Vポイントが貯まる
デメリット ・上限金利が高い
・利用手数料無料のATMはアコムATMのみ
・ローソン銀行ATMでスマホATM取引ができない
・ご契約日の翌日から無利息
・借入限度額が小さい
・下限金利が高い
・クレジットカードはない
公式HP → アコム
公式HPを見る
→ プロミス
公式HPを見る

アコムとプロミスで迷った場合の選び方

アコムとプロミスはどちらも大手の消費者金融のカードローンで、最短即日融資ができるという点では一緒ですが、若干サービスに違いがありますので、下記を参考にしてください。

アコムが向いている方

・楽天銀行に口座がある方
・アコムの店舗・ATMが近くにある方
・500万円以上の借入を想定されている方
→ アコム公式HPを見る

プロミスが向いている方

・金利が少しでも低いほうを借りたい方
・三井住友銀行ATMが近くにある方
・ローソン銀行ATMでもスマホATM取引をしたい方
・契約してもすぐに借入の予定がない方
→ プロミス公式HPを見る

カードローンでお金を借りる前の注意点

カードローンは、利用限度額の範囲内で繰り返しお借入れができる、使い道自由なローンです。カードを利用して提携先の金融機関やコンビニATMでお借入れ・ご返済が可能です。また、スマホアプリでもお借入れ・ご返済が可能です。

カードローンをうまく活用することで、急な出費にも対応できるようになり、大変便利な側面もありますが、未成年者と違って契約を簡単に取り消せませんので、以下のことに注意しましょう。

  • 契約内容(金利や返済方法など)をしっかり確認しましょう
  • ローンの利用は計画的に行いましょう
  • 多重債務のリスクにも注意しましょう

金融トラブルを未然に防ぐための一般消費者向けガイドブック

“日本貸金業協会は、消費者の皆さまが金融トラブルにあうことなく、安全で安心な暮らしを送っていだだくための情報提供を目的とし、ローン・クレジットの仕組みやヤミ金融・悪質業者による被害の事例、多重債務問題、家計管理、困ったときの相談先などに関する内容を掲載した資料を無償配布しております。”

【出典:日本貸金業協会 知って安心 金融トラブル防止のためのQ&A BOOK 21の疑問 2022年版

消費者トラブルに巻き込まれたり、困ったことが起きた場合の相談窓口

日本貸金業協会「貸金業相談・紛争解決センター」
0570-051-051【受付時間】9:00~17:00(土日祝休日12/28~1/4を除く)
【出典:日本貸金業協会 若年者啓発ミニパンフレット

全国共通の3桁の電話番号「消費者ホットライン188(いやや)」
相談窓口につながった時点から通話料が発生します。(相談は無料)
【出典:消費者庁 消費者ホットライン

カードローン以外のお金を借りる方法

カードローンでお金を借りる以外でもクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることもできます。

クレジットカードとは、お支払いの際に、現金を持っていなくても、後払いでお買い物ができるカードのことです。店頭やインターネットショッピング、公共料金や税金のお支払いなど、色々なところで利用できます。

18歳(成人)になるとクレジットカードをつくることもできる

2022年4月1日の民法改正により、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられ、親の同意を得なくてもクレジットカードをつくることができるようになりました。
※クレジットカード会社の審査があります。18歳でも高校生は原則不可にしているクレジットカード会社も多いようです。

大学生の61.1%がクレジットカードを持っている

【出典:一般社団法人日本クレジット協会「大学生に対するクレジットカードに関するアンケート(令和元年度)」結果報告書
ポイント!

クレジットカードのキャッシング(借入れ機能)を利用して、現金が必要な際、ATMなどでお金を借りることができます。

18歳でもつくれるおすすめのクレジットカード

18歳でもつくれるクレジットカードの中から、おすすめのクレジットカードを2つご紹介します。どちらも年会費は無料です。

楽天カード

楽天カード券面

楽天カードでのお支払いや楽天ポイントカード加盟店にてバーコードを提示すると楽天ポイントが貯まります。ポイントが貯まりやすいクレジットカードなので、クレジットカードが初めての方におすすめです。

クレジットのご利用限度額最高100万円まで
キャッシングサービスのご利用には事前にご利用可能枠のお申し込みが必要なため、カード申し込み時にご希望のご利用可能枠をご選択ください。審査の結果、キャッシング利用可能枠が付帯されます。

楽天カードのお申込条件

18歳以上の方(高校生の方は除く)であればどなたでも、親権者の同意なくお申し込みいただけます。

楽天カード
楽天カード 年会費:無料
国際ブランド:VISA,MasterCard,JCB,American Express
  • ・テレビCMで有名なクレジットカード
  • ・年会費永年無料 海外旅行保険も付帯
  • ・審査が終わり次第、1週間~10日くらいで楽天カードが届く
  • ・楽天カードは使うたびに楽天ポイントが貯まる
  • ・クレジットカードが初めての方におすすめ

アコムのクレジットカード(ACマスターカード)

アコム ACマスターカード券面

アコムのクレジットカード(ACマスターカード)は、カードでのお買い物はもちろん、カードローンもご利用可能なクレジットカードです。お客さまの口座への送金もATMでのお借入も可能です。年会費無料で最短即日カード発行が可能です。※アコムの一部の自動契約機(むじんくん)では、その場でカードを発行できます。→最寄りのアコムの店舗・ATMをお探しの方はこちら

クレジットのご利用限度額最高300万円まで
クレジットとカードローンのご利用合計の上限は800万円まで

ACマスターカードのお申込条件

成人以上(高校生を除く)の方で一定の収入があれば審査の上、カード発行ができます。

アコム ACマスターカード
アコム ACマスターカード 年会費:無料
国際ブランド:MasterCard
  • 最短即日発行!
     ※アコムの一部の自動契約機(むじんくん)では、その場でカードを発行できます。
  • ・年会費無料 日本をはじめ、世界中のMastercardRの加盟店で使えて、年会費が無料!
  • ・キャッシュバック 毎月のご利用金額から0.25%自動でキャッシュバックされます。
  • ・ご利用明細書の郵送なし ご利用明細はアコムホームページでご確認いただけます。
  • ・Apple Pay、Google Payにも対応、バーチャルカードの発行もできます。

楽天カードとアコムのクレジットカード(ACマスターカード)の比較

楽天カード ACマスターカード
国際ブランド VISA、MasterCard
JCB、American Express
MasterCard
利用可能額 最高100万円 最高300万円
年会費 永年無料 永年無料
還元率 1.0%~3.00% 0.25%
発行日数 1週間前後 最短即日
返済方式 一括払い、分割払い、
リボルビング払い、ボーナス払い
定率リボルビング方式
海外旅行傷害保険 2000万円 なし
家族カード 不可
ETCカード あり なし
キャッシング機能
海外キャッシング
主な対応スマホ決済 楽天ペイ、Apple Pay、Google Pay Apple Pay、Google Pay
公式HP → 楽天カード
公式HPを見る
→ ACマスターカード
公式HPを見る

楽天カードとACマスターカードのメリット・デメリット

楽天カード ACマスターカード
メリット ・ポイントが貯めやすい
・還元率が高い
・国際ブランドを選べる
・自動契約機(むじんくん)で最短即日発行できる
・アコムのクレジットカードとバレにくい
・ショッピング機能とカードローン機能の両方使える
デメリット ・カードを受け取るまで1週間前後かかる
・キャッシングサービスの利用には
事前に利用可能枠のお申込みが必要
・海外旅行傷害保険は利用付帯
・付帯保険がない
・返済方法がリボ払い
・還元率が低い
公式HP → 楽天カード
公式HPを見る
→ ACマスターカード
公式HPを見る

楽天カードとACマスターカードで迷った場合の選び方

楽天カードとACマスターカードはどちらも年会費無料のクレジットカードですが、ショッピング機能をメインにお考えの方は楽天カード、カードローン機能をメインにお考えの方はACマスターカードがおすすめです。

楽天カードが向いている方

・ポイントを貯めたい方
・クレジットカードが初めての方
→ 楽天カード公式HPを見る

ACマスターカードが向いている方

・すぐにカードがほしい方
・カードローンの機能がほしい方
→ ACマスターカード公式HPを見る

まとめ

18歳以上(高校生を除く)の方が、親の同意を得なくても、自分の意思で利用できるカードローンは、以下の2つです。

アコム

プロミス

また、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることもできます。
おすすめのクレジットカードは以下の2つです。

楽天カード

アコムのクレジットカード(ACマスターカード)

18歳以上(高校生を除く)の方が、親の同意を得なくても、カードローンやクレジットカードを利用してお金を借りることができるようになりましたが、未成年者と違って契約を簡単に取り消せませんので、契約内容をしっかり確認し、計画的に利用しましょう。

このページのTOPへ