子供の教育費用に使えるおすすめカードローン比較

お子さんがいる家庭では避けて通れない子供の教育費。とくに私立の学校(小学校・中学校・高校・大学)は公立に比べて教育費が高くなります。入学金や授業料などの学費でお金が必要な方におすすめの低金利のカードローンのご紹介です。まとまった教育費用の確保にも使えます。

教育費用を借りる場合、教育ローンを思い浮かべる方が多いと思いますが、「国の教育ローン」「民間の教育ローン」「カードローン」と主に3種類ございます。
こちらのページでは、それぞれのメリット・デメリットもあわせてご紹介します。

国の教育ローンとは

国の教育ローンとは、日本政策金融公庫の教育一般貸付のことです。
国の教育ローンの特長は以下になります。

■融資限度額 最高350万円
※海外留学資金(一定の条件付き)の場合は最高450万円
■金利 年1.76%(固定金利・保証料別)
※平成29年11月10日現在
■返済期間 15年以内
■連帯保証人が必要
(公財)教育資金融資保証基金による保証をご利用いただく場合は必要ありませんが、別途保証料をご融資金から一括して差し引かれます。
■お申込みに必要な書類
・借入申込書
・住民票の写しまたは住民票記載事項証明書
・運転免許証またはパスポート
・源泉徴収票または確定申告書(控)
・預金通帳(最近6ヵ月分以上)
※住宅ローン(または家賃)と公共料金の両方のお支払い状況を確認できるもの
・合格を確認できる書類(お申込み内容が入学資金の場合のみ)
・在学を確認できる書類、お使いみちを確認できる書類(お申込み内容が在学資金の場合のみ)
20日程度でご入金

国の教育ローンのメリット

・固定金利1.76%、最長15年の返済期間でゆとりを持った返済が可能。
・日本学生支援機構の奨学金と併用も可能!

国の教育ローンのデメリット

・お申込み完了から20日程度でお振り込みとなり、お急ぎの方には不向き。
・世帯年収(所得)の上限額を超えると利用できない。
お申込みに必要な書類が多い
使いみちが学生生活を送るための費用(入学金・受験費用・住居費用など)に限られる
・連帯保証人が必要
(公財)教育資金融資保証基金による保証をご利用いただく場合は必要ありませんが、別途保証料をご融資金から一括して差し引かれます。

お急ぎの方や世帯年収(所得)の上限額が超えてしまう方、350万円以上が必要な方は、民間の教育ローンやカードローンがおすすめです。

民間(銀行・ろうきん・JAバンク等)の教育ローンの特長

民間の教育ローンのメリット

・国の教育ローンより、融資限度額が大きい(最大1000万円以上)
・担保・保証人が不要!

民間の教育ローンのデメリット

・お申込みに必要な書類が多い
国の教育ローンより、金利が若干高い
使いみちが学生生活を送るための費用(入学金・受験費用・住居費用など)に限られる
パート・アルバイトのみの方はご利用いただけません。

子供の教育費用に使えるカードローンの特長

カードローンのメリット

使い道は原則自由!教育費用以外の急な出費にも利用可能!
・ご利用限度額の範囲内で、コンビニ等の提携ATMで何度でもお借入れ、ご返済が可能。
お申込みに必要な書類が少ない
・教育ローンに比べると、融資までの時間が短いので、お急ぎの方に最適!
・担保・保証人が不要

カードローンのデメリット

・教育ローンに比べると金利は高い
※金利は、ご利用限度額によって異なります。
※国の教育ローンより、金利が低くなる場合もあります。

書類の提出はなるべく少ないほうがいい方、教育費用以外の急な出費(冠婚葬祭・入院費用・生活費)にも使いたい方には以下のカードローンはおすすめです。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」
三菱UFJ銀行のカードローン 金利:年1.8%~年14.6%
借入限度額:10万円~500万円
借入・返済は三菱UFJ銀行ATMはもちろん、提携コンビニATM(E-net ATM、セブン銀行ATM、ローソンATM)でもATM利用手数料無料です。24時間いつでも申込み可能!1000円単位でお借入れOK!阿部寛さんがテレビCMに出演しています。パート・アルバイトの方もお申込可能。対象は満20歳以上65歳未満。限度額が50万円超のときは収入証明書が必要!三菱UFJ銀行の口座不要!
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン 金利:年2.0%~年14.0%
利用限度額:最⼤800万円
来店・郵送不要の「WEB完結申込み」が可能!みずほ銀行の口座をお持ちでない方は、普通預金口座の同時申込も可能です。金利年2.0%~14.0% ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
じぶん銀行カードローン【auユーザー限定】
じぶん銀行カードローン 金利:2.2%~17.5%
借入限度額:最大800万円
auユーザー限定割なら最大金利 年0.5%優遇!借り換えなら1.7%~12.5%の業界最低水準!じぶん銀行の口座がなくてもOK!ATM手数料完全無料!毎回の返済額は1,000円から!三菱UFJ銀行とKDDI(au)が共同設立した「じぶん銀行」のカードローン「じぶんローン」。満20歳以上70歳未満の自営業、外国籍、パート、アルバイトの方もお申込み可能です。※auの携帯電話だけでなく、auひかり等を利用している有効な「au ID」をもっている方ならお得に利用できます。対象となるのは、au携帯電話、auひかり、auひかりちゅら、Smart TVBox、au one net、J:COM PHONEプラスなど。
住信SBIネット銀行のMR.カードローン
住信SBIネット銀行カードローン 金利:年0.99%~14.79%
利用限度額:最高1,200万円
PCでもスマホでもお申込~ご契約までWEB完結!住信SBIネット銀行の口座をお持ちでない方も口座開設と同時にカードローンのお申込みができます!借入・返済時の提携ATM利用手数料無料!全国の提携ATM(イオン銀行・セブン銀行・イーネット・ローソンATM)で利用可能!毎月のご返済は2,000円から!ご利用明細の自宅郵送なし!子供の教育資金や生活費、冠婚葬祭・入院など様々な用途で利用可能。
楽天銀行 スーパーローン
楽天銀行のカードローン 金利:1.9%~14.5%
ご利用限度額:最大800万円
楽天銀行のカードローン「スーパーローン」!WEB(PC・スマホ)でお申込みが完結できます!ネットだけでなく、コンビニATMでも借入・返済可能。口座開設不要で、いつもの口座でご利用可能!入会金・年会費永久無料。ご入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントプレゼント!
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン 金利:年1.7%~17.8%
ご利用限度額:最高800万円
お申込みからお借入れまでWEBで完結!来店不要、担保・保証人不要、口座開設も不要です。借入・返済どちらもセブン銀行、ローソン、E-net、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行・西日本シティ銀行をご利用できます。提携ATMご利用手数料0円!安定した収入がある方であれば申込可能。オリックス銀行の無担保個人向けローンです。全国に提携ATM設置台数 99,000台以上 ※2018年2月末現在。

このページのTOPへ